iPhone関連の記事はここ押して!

ネットビジネスやブログ運営をしているフリーランスの人々について考えてみた

こんにちは( *´艸`)✨

KUNJI(@kunji4338)です。

今日はあまり思いつかないので前々から気になっていた「フリーランス」について少しひとりごとを呟いてみる。

フリーランスとは何なのか?

近頃よく見たり聞いたりする言葉「フリーランス」

これはボクの勝手な解釈ですが「フリーランスって言うのは会社や組織に縛られず自分のやりたい事をやって生活の糧にしている人々」

本当にボクの勝手な解釈なので気を悪くされない様に、そしてボクはフリーランスの方々を否定などしておりません!逆に尊敬しているくらいです。

ボクなどには到底チャレンジできない、そんな勇気など出せません。

成功してお金持ちになれるかも知れませんが、リスクを考えると今の生活を捨ててフリーランスの道を歩んでいくのは難しいです。

自分一人ならまだしも家族が居ます、大切な家族を路頭に迷わすわけにはいかないですしね。

歯車としての自分

人は生まれ持った運命があると思う。

どこの家庭に生まれるか、その家庭が上流なのか、中流なのか、底辺なのか、また優しい親の下に生まれるか、酷い親の下に生まれるのか、生まれてくる時にそれが選べればいいのだけれど、結論は無理ですよね。

人の人生に関わる最初の試練はここかなとつくづく思います。

昔から「蛙の子は蛙」って言葉がある。まさにその通りだと思う。

中には蛙の子がライオンになる様な人もいるが多くの人々は蛙のまま一生を終えるんではないでしょうか。

普通の学校へ行き、それなりの会社に就職して毎日を会社の歯車として働き過ごしていく。

普通・・・、それなり・・・この状況が果たして不幸なのか?って考える瞬間があります。

意外とそんな事はないですよ!人間ってどんな状況にも幸せを見出せる生き物だと思う。

99%の辛い事があっても1%の幸せがあれば人はきっと行きて行けます。

ちなみにボクは馬鹿みたいにポジティブだから0.1%でも生きていけるかも 笑笑

選択の時期と根性

多分「フリーランス」になるには選択する時期が重要だと思う。人生は何度でもやり直せるとは思うけど、それはある物があっての話であって、ある物を手にするにはやはり労働しないと手には入らない。

フリーランスになる、フリーランスになると簡単に言ってる方を見かけるが、今成功されている方々は土台をしっかり作ってその上でしっかりとした計画を立てる。

また自分のやっている事に責任を持ち、ちゃんと管理しているからこそ、その先には成功があるんだと思う。

そこには人には見せないど根性がきっと存在しているんじゃないかな!

ただ単にそれとなくブログ書いて、適当にPVがついてきたので会社辞めようか、その方が楽だし、なんて考え方じゃ絶対に成功などあり得ないと思いますよ。

やはり蛙がライオンになるにはそれ相応の努力と根性がなきゃ無理です。

失敗したらまた働けばいいやって思っている人もいるでしょうが、会社を辞めた時に同レベルだった人はすっかりレベルアップしているでしょうね。

ホント簡単な話では済まなくなります。

一つの事が全うできない人がフリーランスになどなれるわけないですよね(-_-;)

 

会社とブログを両立することが今は大事!

会社の歯車になるのは嫌だけど、いつかフリーランスになる為の準備期間と思えば今は両立していけるんではないでしょうか。

ただ、日本全国の人全員がフリーランスになってしまったら会社が回らなくなる、国が回らなくなってフリーランスの人もフリーランスじゃいられなくなるんではないかな。

人にはそれぞれ役割ってのがある。自分のやっている事は決して無駄ではないと思いますよ。

人は人です!

自分が今やるべき事をしっかり考えて、それでもフリーランスになりたいのなら綿密な計画を立てそれに向けて努力したらいいんではないでしょうか。ボクはそう思います。

関連記事

ブログ初心者の自分が実践している【3つの事】

まとめ

ボクには大事な家族が居ます、そしてその家族を養うためには現在の専業の仕事の給料が絶対に必要です。

ボクの勝手で家族を路頭に迷わすわけには行きませんからね。

いつか今の専業の仕事を全うし退職した暁には、「フリーランス」を名乗ってみようかな(笑)

その時はもうおじいちゃんですけどね(*´∇`*)

当ブログにお越しくださりありがとうございます。これからも当ブログをどうか宜しくお願い致します。

error: Content is protected !!