iPhoneでwordpress入力、現段階の解決法

ブログにニューキャラクターが登場したので紹介してみる!

こんにちは(*´꒳`*)✨雑(気)記ブロガーの
KUNJI(@kunji4338)です。

ボクのアイコンはもうお馴染みになって・・・ますよねww

前記事の【ご報告】タイトルロゴとアイコンができましたでご紹介しています。

イラストを描いておられるさめはだ舞子さん(@samehada_maiko2)にお願いしてタイトルロゴとあわせて作成していただきました!

ボクはブログ記事に頻繁にふきだしを使います、ふきだしにはアイコンですよね!

今まではアイコンの名前として基本形を「KUNJI」で、怒っているものは「怒りん坊」とか、泣いているものは「泣き虫」といった具合に使用してきました。

ずっと違和感を覚えてはいたんですが予算の都合上、自分でも我慢をしてきました

KUNJI

お金の問題は仕方ないよね

そうなんですよねぇ💧ボクはしがないサラリーマン、既婚者だしお金には限りが・・・

泣き虫

でも欲しい、欲しいよぉ~~~

何が欲しいって?

パートナーっす!!
(ブロガーの方々が使用されているメインのキャラクターをアシストするキャラクター)

で、清ブタでパートナーのアイコンの作成を依頼することにしました!

費用はもちろんGoogleさんから頂戴しましたお給料(アドセンス)から流用です(iPadが少し遠のきますが仕方ない)

パートナーのキャラクターを何にしようか?

こんな見出しを付けると、すごーくすごーく悩んだように見えますが既に決まっていたのでここに時間はかからなかったですねww

で、何にしたの?

当然と言えば当然なんですが・・・

ネコ!!

そう「ニャー」と鳴く、玉をとって遊ぶ、たまに急に噛んでくる

ネコ!!

ボクのアイコンがネコだからアシスタントもネコです!
(まぁネコにイヌでも良かったんですけどねww)

ネコ好きなので!

怒りん坊

じゃあ見出しの「何にしよう?」は変じゃねーか?

そう慌てないでって!

悩んだのは「ネコの種類」だったんですよ!!

KUNJI

なるほどぉ~

ネコの種類ってすごくたくさんありますよね!

良く知ってるものから聞いたこともない様なものまで本当にいっぱいいます。

ボクのアイコンは三毛猫です、モデルはわが家の家族の一員であります「ピペ」というネコです。

可愛いでしょ(親バカですねww)

 

どのネコにしようか?

いろいろ悩んだ末に2つに絞り込みました!

  • アメリカンショートヘア
  • シャムネコ

ここまで来たらあと一息!

シャムネコ

古来よりタイには3種のネコ、シィ・サワット(コラットの原型)、スパラック(バーミーズの原型)、そしてシャムが存在していた。中でもシャムは王室や貴族、寺院など、高貴な血筋の家系でのみ飼うことが許されるなど非常に尊い扱いをうけてきた。それが1884年にイギリス総領事であったゴードンに寄贈されたことによりイギリス本国へ渡り、ロンドンのクリスタル・パレスで行われたキャットショーにてその特徴的な毛色が注目を集め、世界に広がる事となった。V字型の顔、長く細い美しい尾と四肢、ピンと張った肉の薄い耳、そして毛色はともかく、シャムと呼ぶためにはサファイアブルーの瞳が必須条件になる。口は小さく、爪は危険なほど鋭い。前足をよく使い、高いところを好む。 多くのペット猫種の例に漏れず、第二次世界大戦を挟んだことで種の危機に瀕した事があり、そのためにクラシックやモダンといった差異ができている。丸顔の傾向を有したトラッドスタイルと、現在のショーキャットの基準に適した細身なモダンスタイルが存在する。その中間的な形態をクラシックスタイルと称する場合もある。一般的にシャム猫を言う場合は後者の長い肢体を持つモダンスタイルを指す場合が多い。クラシックなシャム猫はハスキーな声で鳴くものも多いが、品種改良により必要以上には鳴かない猫に変遷してきている。

また、シャム猫は非常に高い繁殖力を持ち、日本国内ではシャム猫との交配でポイントの毛色を発現する遺伝子を有している雑種猫が多く、雑種猫間の交配によってシャムの毛色をした猫が出現することがある。この場合、ポイントとアイカラー以外の特徴は両親からの遺伝による部分が大きく、一般的に言われているシャム猫の特性を備えない場合も多い。

シャム猫の特徴的な毛並みであるポイントカラーはブルー、シール、ライラック、・チョコレート・レッド・トーチ・リンクスに分けられる。どれも茶色の薄さの度合いである。このポイントの色の濃さには体温が影響しており、生まれたばかりは白い被毛に覆われているが、耳や尻尾の先などの体温の低い部分からポイント色の発生が見られ、やがて耳、顔、足と尻尾の先に特徴的なポイントを生じる。そのため、老猫では全体的に毛色が濃くなる傾向がある。

血統的に近いロシアンブルーと同様に、幼少期にポイントの中に薄いダビーが見受けられることがある

MEMO
ちなみにネコの種類はコチラのミンナのペットオンライン株式会社さんが運営されているサイトの中の「みんなの猫図鑑」を参照してください。

パートナーキャラクター(嫁ネコ)の紹介です!

前置きがすごーくすごーく長くなってしまいましたね(;´∀`)・・ァハハハ・・ハハ・・ハ・・

ではお待ちかねのパートナーキャラクターの紹介です(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ”

ミィ

初めまして!ただ今ご紹介いただきました嫁ネコのミィです!これからちょくちょく記事に登場しますので宜しくお願いします!

最初のご挨拶なので少し大きめで登場してもらいました!

作成をお願いしたのは!

今回、パートナーキャラクターを作るにあたって当然自分ではイラストは無理なので、イラストを描いておられる方にお願いしました!

イラストを描かれてる方はたくさんおられます

が!

KUNJIのキャラクターを作成してもらった、さめはだ舞子さん(@samehada_maiko2)にお願いするのが相性が一番だと思ったのですぐ様依頼しました!

前と同じ様に丁寧に対応してもらってとても嬉しかったですね!

仕上がったイラストは本当に申し分ない出来でとても満足しています!

ミィ

私もとても嬉しい!

これからは2匹で掛け合いができそうです!

参考 さめはだ舞子さんさめって参る!

まとめ

ブログの記事は大半が文字で構成されています!

ボクの様な素人で初心者には、まだ文字ばかりで内容の濃い記事は書けません。

もう少しの間はキャラクターや吹き出しを駆使して楽しい記事作りをしていきたいです!

その為に今回作成してもらった嫁ネコのミィは大事な存在となるでしょう!

とても満足しています!

ここまで読んで頂きありがとうございます!

にほんブログ村 ブログブログへ にほんブログ村 人気ブログランキング

error: Content is protected !!