【新着記事】アドセンス PINが来ない場合の対処法

仕事で100%のサービスを提供したいなら110%の力を注げ

こんにちは(*´▽`*)

KUNJI(@kunji4338)です。

新年度ですね、初々しい新社会人の姿をちらほら目にします。

新社会人のとき、期待と緊張とが丁度いいんですよね!

ボクなんてもう生活の一部なので緊張感など微塵もない(笑)

今日は私事ですが、専業の仕事のお話をします。

給料は労働への対価である

 

ボクが従事している仕事の詳しい内容はこの記事にあまり必要ないので伏せますが、接客と作業を1人でこなしていかねばいけない仕事とでも言っておきましょうか!

接客ばかりしていると作業が終わらない、作業ばかりしていても良いがお客さんには気に入られない、立ち回りがなかなか難しい仕事です。

丁度、50/50でこなせればいいのだが、人によっては60/40になったり、30/70になったりする。

まぁそれでもこなせてる内はまだいい!

忙しすぎて横着になり40/50とか30/60とかになってしまうこともある↓↓↓

最悪の場合20/20などと接客・作業を足しても半分にも満たない人もいる。

しかしこれでは仕事にはなっていない、働いた対価として給料を獲るだけの価値がないですね!

給料とは、会社で働く会社員などが労働の見返りとして、事業主から支払われるすべてのもの(諸手当を含む)と定められています。

上記はコトバンクさんの引用ですが、大体どこで調べても、そのようなことが書いてあります。

そりゃね、ただでお金くれる人はいませんよ、軽くても重くても労働の見返りとして給料を払うんですから!

スポンサーリンク

【働く】ことの難しさ

子供の時学生の時分であれば、『また頑張ればいいよ』とか『次頑張ろうね』などと逆に励ましてさえもらえるかも知れない。

社会はそう甘くないのだよ!!

一生懸命は大事だが結果が出なければその一生懸命は評価されることはない!

逆にふらふらしていても結果を出せてれば会社からも上司からも評価される。

新社会人の人にはあまりいい話ではないが、社会・会社とはそういうものです。

結果がすべて

こんなことを耳にタコができるくらい言われたものです。

このことを踏まえてボクは次のことを毎日やり続けてきました!

仕事に対しなぜ110%の力を注ぐのか?

これは誰かに言われたわけでもなく、また初めからそうしていたわけでもない。

ではなぜ、100%の力ではなく110%なのか?

やはり気になりますよね(笑)

KUNJI

100%を目指すなら、110%の力を注げ!

仕事だけでなく、労力を使って何かを成し遂げようとする時、必ず想定外の事っていうのがある。

ズルコスいのかも知れないが最初から10%上乗せしておけば、何か不測の事態に陥った時でも慌てずに済むし100%近くは達成できるであろう!

最初に書きましたが、社会に出たら結果を出した者だけが評価されるんです。

ボクがやっていることは極論なのかも知れませんが、今までこれを続けてきて失敗したことはないです。

何かをする時、行動を起こす時、保険をかけておくことは本当に大事です。

まぁ【転ばぬ先の杖】ですかね!

スポンサーリンク

さいごに

新社会人の皆さん、また現役で働いている皆さんの参考になればと記事にしました。

余計なお世話って方は読み飛ばしてください

せっかく一生懸命にやるんです、いい結果を出せるよう努力するのが大人であり、社会人です。

大人の行動・言動には一歩一歩・一言一言に責任があります!

ドラマのように誰も助けてはくれません、自分が自分でスキルアップし結果を出せるよう日々努力することが大事です!

そして働くことは誰の為でもありません、まずは自分の為です。

自分を満足させられなければ他の人を満足させることなんてできませんよ!

それなりに長く働いているKUNJIからのエールでした(笑)

皆さん、頑張りましょう!

『そこそこにね!』(*´▽`*)ノ

error: Content is protected !!