通販wish関連の記事はコチラ!

生まれて初めて『万年筆』を使ってみたら気持ち良すぎたって話

KUNJI

こんにちはKUNJIです!

いきなりですが、、、

万年筆

買いました!!

古代から引き継がれてきた文字

その文字を書くために人間は色々な道具を使ってきました

最初は木の枝だったかも知れません

文明の進化により木の枝が現代ではボールペンになっていますね

ミィ

『ボールペンになっていますねぇ』じゃないでしょ!!今日は何の紹介なの?

そうでした!

木の枝からボールペン、、、になる間に、人間は

万年筆

という素晴らしい道具の開発に成功したんです

わざとらしいですが、万年筆はマジでスゴいです

生まれて初めての万年筆に心を奪われてしまいそう

まず、万年筆ってなんでしょう

万年筆とは

ペン軸の内部に保持したインクが毛細管現象により溝の入ったペン芯を通じてペン先に持続的に供給されるような構造を持った携帯用筆記具の一種。インクの保持には、インクカートリッジを用いたもの、各種の方法でインクを吸入するものがある。「萬年筆」とも書く。

Wikipedia

こうして引用文を読んでみると、あの単純な見た目からは想像できないくらい考え抜かれた構造なんです

使ってみて初めて分かった

というか、使ってみなきゃ絶対に分かんない

KUNJI

書き味バツグン!!

スラスラ書けちゃうので久々に書いて書いて書きまくっちゃいました‪𐤔𐤔‬ꉂꉂ(ˊ͈ ᗜ ˋ͈๑)

書いた内容については特に意味はありませんので、そこの所はご了承くださいませー

更にもう1枚!

もっと字が上手になりたいなぁ(,,o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅,,)

スポンサーリンク

PILOT kakuno 万年筆

今回、購入したのがPILOT【kakuno】万年筆です

お試しだったので価格もお安いものを選びました

PILOT kakuno 万年筆(細字)の書き味は?
  • 筆圧が特に必要ない
  • 細字なので字の細部まで書ける
  • 握り具合も最高
  • 価格もお手頃

褒めまくりの万年筆ですが、デメリットとかないのかなぁ?

デメリットねぇ

ここにタイトル
  1. 筆圧でペン先を壊してしまいそう
  2. 妥当なんだが見た目が安っぽい
  3. デメリットがもう出てこない‪𐤔𐤔‬

とりあえず万年筆初心者のKUNJIですが、今のところ満足しかないですね

デメリットと書きましたが、本当は特にないっす

本当に万年筆は書き味が良くて、ペン先がスルスルーっと滑るように字が書けます

遅くなりましたが下記画像が今回購入した品です

箱から出してみます

インクカートリッジを取り出します

万年筆本体のネジを回し外します

ペン先のある側へカートリッジを差し、インクが出てくるまで待ちます

出てこない場合は軽くカートリッジを指でつまんでやります

完成!!

ペン先が顔になっていて可愛い(๑˃ᴗ˂)و♡

では書いてみましょう!

KUNJI

素晴らしい書き味!!

まとめ

『字を書く』

昔は当たり前だったこの行動ですが、現代社会はデジタル化社会

段々と人間が字を書く機会が減ってきている、そしてこれから文明が進化し続けると、、、

クンジ

字を書くってなに?何をする事を差してるの?

なーんて質問が出てくる時代がやってきそうです

文明の進化は必要ですが、古きよき時代の古きよき事は次世代にも受け継いでいきたい残していきたいですよね

『字、書きましょう』

『万年筆、使いましょう』

今回は生まれて初めて万年筆を使ったKUNJIが万年筆の簡単な紹介をしてみました

ここまで読んで頂きありがとうございます

にほんブログ村 ブログブログへ ブログ村で別記事を読むꉂꉂ(ˊ͈ ᗜ ˋ͈๑)

ブロランで別記事を読む‬ꉂꉂ(ˊ͈ ᗜ ˋ͈๑)

スポンサーリンク

Amazonチャージが断然お得

現金で残高追加するたびポイントが貯まる
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%