決済サービス【Paypal】の登録の方法はコチラ!

【ビーレジェンドプロテインで10kgやせた】ベストな飲み方をレビュー、実践したら飲みやすくて継続できるようになる

太ってました!!

KUNJI

いきなり自虐ネタから入りますけど、マジで1年前まで定期健康診断で【メ・タ・ボ】と診断されてました

LDLコレステロール・高血圧症などなど診断結果所に赤字の箇所が数多くありました・・・ってのが、昨年までのボクの状況。

  •  身長:170cm
  •  体重:72kg
  •  腹囲:88.6cm(~84.9cm)
  • BMI値:24.1(18.5~24.9)
  • 最高血圧:145mmHg(~129)
  • 最低血圧:85mmHg(~84)
  • 総コレステロール:290mg/dl(140~219)

診断結果を今見ても目を伏せたくなるような状況です。

そんなボクの今の状況はというと・・・

  • 身長:170cm
  • 体重:62kg
  • 腹囲:80.0cm(~84.9cm)
  • BMI値:21.4(18.5~24.9)
  • 最高血圧:106mmHg(~129)
  • 最低血圧:62mmHg(~84)
  • 総コレステロール:???mg/dl(140~219)

※ 総コレステロール値は定期健康診断が5月にあるのでその時に記入します。

まぁとにかく痩せるまでは数値的に見た時もさることながら、見た目的にもお腹がボヨ~ンと出てそれはそれは酷い状況でした。

さて上述した状況をどうやって打破していったのか?

 どうやって痩せたのか
  •  ダイエットした?・・・NO
  •  運動した?・・・NO
ミィ

じゃあ何したのぉぉぉぉぉ?

ズバリ!!プロテインを飲み始めました。

プロテインって聞くと筋肉付けるため?ってなっちゃうけど、本来プロテインは栄養を補給するためのもの。

従ってプロテインを飲んでおけば余分な(満腹中枢を満たすだけ)の食事を過剰摂取する必要がなく、普通の量の食事を摂っておけばで十分栄養を補えるという、ボクにとっては神的なものです。

そこで皆さんが疑問となるのはプロテイン・プロテインっていっても、どこのメーカーのプロテインを買えばいいの?ですよね。

分かっています、ボクもそうでしたから。

色々試してやっとたどり着いた、最高の商品をご紹介します。

この記事を読んで分かること
  • 飲みやすいプロテイン
  • 割と安価に買えるプロテイン
  • ずっと継続して飲める抜群の配合

ではこれから順を追って説明していきます。

最高のプロテインの名はビーレジェンド

ビーレジェンド
画像引用:ビーレジェンド公式
KUNJI

イケメンでナイスバディの外国人の男性の写真が印象的です。

プロテインには種類があって牛の乳からとれるホエイプロテインカゼインプロテイン、大豆からとれるソイプロテインがあります。

ビーレジェンドはこの中のホエイプロテインというものになります。

ホエイプロテインとカゼインプロテインの違いとかメリット・デメリットがあります。

ホエイプロテインのメリットは水溶性なので溶けやすく飲みやすい、デメリットは体内に留まる時間が短いこと。
そして他のプロテインに比べて少し高価です。

カゼインプロテインのデメリットは不溶性なので固まりやすく溶けにくい(最近では改良されて溶けやすくなっているそうです)、メリットは体内に取り込まれると滞在時間が長く吸収速度がゆっくりです。

ソイプロテインはとても安価ですが溶かした時に粉っぽく溶かす時に少し工夫が必要です、イソフラボンが含まれており皮膚・骨・血流の良化に効果があります。

またホエイプロテインには以下の3つの製法があり、重視する栄養素も違います。

  1.  WPC製法(Whey Protein Concentrate)濃縮乳清タンパク質
    ビタミンやミネラルを多く摂取できる
  2. WPI製法(Whey Protein Isolate)分離乳清タンパク質
    タンパク質以外の成分がほぼ除去される、タンパク質を多く摂取できる
  3. WPH製法(Whey Protein Hydrolysate)加水分解乳清タンパク質
    ホエイ含有率95%、アミノ酸も多く摂取できる

プロテインには各々メリット・デメリットはありますが体に良いという点ではどれも共通しています。

さてさて、いよいよボクがオススメの【ビーレジェンド】のご紹介をしますね。

ビーレジェンドの種類

ビーレジェンドの中にもかなり複数の味があり、好みの物をゲットするまで色々と購入して試してみないといけなく費用も時間もかかります。

そこでビーレジェンドを1年間飲んできたボクのレビューを読んで参考にして頂き、時短して頂ければ幸いです。

もう既にネタバレですが上図を見て頂くと分かるように、ビーレジェンドは色々なキャラクターとコラボしており、それぞれ味が違います。

  • くまモン みかん風味1kg
  • ミルキィ  ペコちゃん ミルキィ風味
  • ミルキィ  ポコちゃん ココア風味
  • キン肉マン 火事場のクソ力風味
  • はじめの一歩 デンプシー・ロール風味
  • 北斗の拳 ケンシロウ明日への種もみ風味
  • ストリートファイター 昇竜拳風味
  • ストリートファイター 波動拳風味
  • ケンガンアシュラ ケンガン ジンジャーエール風味
  • ダンベル何キロ持てる? ひびきのご褒美プリン風味
  • PABLO (期間限定品)
  • ぐでたま ぐでぐでミルクセーキ風味
  • ドラゴンボール超 ブロリーかめはめ波風味
  • NARUTO 疾風伝一楽の味噌豚骨風味

くまモンのように『みかん風味』なら分かるんですが、はじめの一歩のような『デンプシーロール風味』って・・・

KUNJI

何なんだろうねぇ~

実はコレ、コラボ商品という事もあって面白おかしく名前が付けてあるだけで実際にはちゃんと味がそれぞれあるのでご安心下さい。

写真を見てもらえればお分かりになるように、結構有名どころのアニメやゲームともコラボできるようなプロテインです。

味や効果もなかなかの物です(ボクが実際に1年間試してみて立証できています)

例えが悪いかも知れませんが、禁煙と一緒で【やせる】にはそれ相応の我慢も必要です。

病院が処方してくれる薬を飲んだからタバコが止められると言うものではなく、ソコには自身の我慢や努力も必要です。

痩せるのも同じで、プロテインを飲んだからすぐ痩せる、食べすぎても大丈夫という勘違いな考え方では目標を達成できません。

プロテインも飲みつつ、飲食も無理なく少しだけ減らすという努力も怠らないようにしましょう。

身体が慣れてきたら【ベスト体重】を自分で探し、キープできるようになればミッションクリアです。

では次ではビーレジェンドのプロテインを美味しくのむ方法についてレビューしていきます。

プロテインをブレンドする事で美味しく飲む&継続できるように

ここまでビーレジェンドのプロテインをガンガン推してきました。

しかしビーレジェンドのプロテインにも工夫した飲み方があります。

これからその事について説明していきます。

その前に実際にビーレジェンドの評価はどのようなものなのか、みんなのレビューを見て頂きましょう。

画像引用:価格ドットコムさん

実際にビーレジェンドプロテインを飲んでおられる方々の声です。

総合的に評価は高いものの、少し甘ったるいとか味が濃い・薄いなどの評価も見られますね。

どんな商品にも良いところ・悪いところはあります。

そこを工夫していくのがユーザーの努力ではないかとボクは考えます。

ではボクがというかわが家で実践しているビーレジェンドの飲み方、そして色々試した結果これがベストというものをご紹介します。

プロテインを溶かすためのベストな水量

ネット上には100㎖とか150㎖とか色々な情報がでています・・・

試行錯誤の末、わが家でたどり着いたベストな水の量は

200㎖

濃からず・薄からず、またちゃんと粉末のプロテインが溶けてくれる本当にベストな水量です。

自信を持ってオススメします。

補足ではありますが水道水を使用するのはあまりお勧めできません。

水道水には少なからず消毒用の塩素が残っています。

日本の水道技術ですので【毒素】とまでは言いませんが、直接飲用するのは控えた方が良いかと。

できればコンビニなどで販売している水、または自宅に整水器などあればそちらの水を使用するとより一層プロテインをおいしく飲めて、継続できます。

ぬるめのお湯で飲む方もおられるようですが、ボクの意見としては水の方が飲みやすいですね(検証済み)

プロテインをブレンドして飲みやすく

ビーレジェンドのプロテインは単体でもおいしく飲めるように作ってあります。

単体でも飲める方は特に問題ないので、今のまま続けて頂ければ良いかと。

ボク自身も単体で色々と試してみたのですが、何だかしっくりきませんでした。

特に甘さが気になってしまい「これを飲み続けるのは難しいな」と感じていた。

KUNJI

どうすればいいんだろうか?

そんな悩みをよそにうちの家族はおいしそうにプロテインを飲んでいるではないですか!!

KUNJI

な、な、なんで~

そんな悩みを一掃してくれたのは簡単な方法でした。

ブレンド

KUNJI

そう!プロテインのブレンドです

しかも3種類のプロテインをブレンドします。

「3種類も混ぜちゃうの?」ってチョット引いてしまうかも知れませんが、これが絶妙のブレンドなのです。

ではココで疑問となるのがどの味をブレンドするのが絶妙なの?ってことです。

では早速、出し惜しみすることなくご紹介しましょう。

わが家のベストブレンド
  • ベリ・ベリ・ベリー風味
  • ストリート・ファイター(昇竜拳)風味
  • GENMATSU
created by Rinker
ビーレジェンド(be LEGEND)
¥3,480 (2022/01/21 06:00:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ビーレジェンド(be LEGEND)
¥3,980 (2022/01/21 06:00:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ビーレジェンド(be LEGEND)
¥6,980 (2022/01/21 06:00:49時点 Amazon調べ-詳細)

いきなり大きなキロ数を買うのが不安な方は13種類(各1回分)を購入して試してみるのも良いです。

created by Rinker
ビーレジェンド(be LEGEND)
¥2,980 (2022/01/21 06:00:50時点 Amazon調べ-詳細)

上記プロテインの説明

  1. ベリ・ベリ・ベリー風味(クランベリー)は少し甘みがあり・酸味も丁度良く・サッパリした味 のプロテイン
  2. 昇竜拳風味は色々なベリー(マルトデキストリン・カシス・ラズベリー・クランベリー・ブルーベリー・ボイセンベリー)を組み合わせた味 甘み控えめ・酸味が強く・サッパリとした味のプロテイン
  3. GENMATSUはいわゆるほぼ無味のプロテイン

※ 説明の中に出てきたマルトデキストリンについては下記を参照してください。

マルトデキストリンとは
デンプンの部分的な加水分解によって作られ、クリーム色の吸湿性の粉末となる多糖である。マルトデキストリンは消化しやすく、グルコースと同じくらい速く吸収される。程よい甘みがあり、匂いはほとんどない。天然の炭酸飲料やキャンディを作るのに用いられる。

Wikipedia

この3種類をブレンドすることで甘み・酸味・さっぱり感が丁度良く配合され、とても飲みやすくなります。

ミィ

なぜ、無味のプロテインを混ぜたの?

KUNJI

それは甘すぎるって感じたからさ、毎日飲むものだから余り甘みが強いと続けられなくなるような気がしたので(ビーレジェンドさん、ごめんなさい)

上記の3種類を10gずつブレンド、これがわが家のベストブレンドです。

個々で甘い方が良い・酸味が強い方が良い・クリーミーな方が良いなどなど色々な意見があるでしょうから、ごり押しはしません。

まぁでも1回騙されたと思って試してみて下さい。

結構「んっ!これはいける」って思えるかも知れませんよ。

シェイカーについて

プロテインを混ぜるための入れ物を『シェイカー』といいます。

シェイカーと聞くとお洒落なバーを想像してしまいそうですが、ここでのシェイカーはあくまでもプロテインを混ぜるための入れ物。

シェイカーは高い物から100均で売っている安価な物、本当にピンキリです。

実際にボクも色々と買って使ってみました。

ミィ

で、どうだったの?

ビーレジェンドの純正シェイカーが一番良かった。

という結論に達しました。

  • フタもちゃんと密閉され振ってもコボれない
  • 握りやすく振るにも丁度良いサイズ
  • フタを開ければ通常のコップの様な形なので飲みやすい

上記の理由で純正シェイカーが一番使い勝手がいいのでお勧めします。

created by Rinker
ビーレジェンド(be LEGEND)
¥630 (2022/01/21 07:27:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ビーレジェンド(be LEGEND)
¥630 (2022/01/21 06:00:52時点 Amazon調べ-詳細)

他にも色々なコラボシェイカーがあります(容器の大きさは同じです)

さいごに

最初にもお伝えしましたが、余程ボディビルや体を鍛えている方は別として、ボクのような凡人にとってのプロテインは栄養補助として捉えていただくのが良いですね。

プロテインを飲んだからといって筋肉がモリモリ付いてくるというような物ではありません。

タイトルに【10kg痩せた】とは書きましたが、それはプロテインを飲みながら少しずつ暴飲暴食を控えてきた結果です。

運動をしながらプロテインを飲めば、それなりに結果もついて来るでしょう。

プロテインを飲む方の目標は各々違いますが、確実に体に良いのは確かです。

健康な体づくりの1つの方法としていかがでしょうか?

ビーレジェンドのプロテインは本当に美味しく頂けて、なおかつ効果もある。

ボクは素晴らしい商品に出会ったと嬉しく思っております。

だから今回のレビューに至りました。

健康な体をつくって楽しい人生にしましょう。