決済サービス【Paypal】の登録の方法はコチラ!

簡単操作で復元率90%オーバーEaseUS Data Recovery Wizardという復元ソフトが超優秀

復元ソフト

今、世の中はデジタル社会です。

老いも若きも男も女も【デジタル】を巧みに操り情報の入手や書類の作成、趣味に至るまで【デジタル】が浸透しています。

そして生活をデジタル化するために必要なものそれは『スマホ・PC・タブレット』などのデジタル製品ですね。

KUNJI

デジタル製品は便利だし、最近のは使い方も簡単で感覚的に使用できるよね!

今は環境のことも考えられ色々なことがペーパーレスになってきています。

ペーパーレスとは

紙の使用をなくしたり大幅に削減したりする作業環境です。これは、ドキュメントやその他の紙をデジタル形式に変換することによって行われます。これはデジタル化と呼ばれるプロセスです。

引用元:Wikipedia

全てをペーパーレスにできるかと言えばそれは無理ですが、社会全体がペーパーレスの行動に移行していることは確かです。

さて上述したようにペーパーレスが進みデジタル化されるとたくさんのメリットがあります。

今では1人1台とも言われているスマートフォンをポケットに忍ばせていれば、どこにいてもデジタルで情報を入手することができます。

KUNJI

ボクもiPhoneやPC・iPadを使ってるけど本当に便利だよね、もうメリットしかないわ

ミィ

ちょっと待って!!メリットしかないという考え方は油断しすぎで少し危険だと思うわよ

KUNJI

危険?!一体何が危険だっていうの?

デジタル化の何がそんなに危険なのか、それは・・・

データの紛失である。

『あーデータの紛失ね、それだけ?』って簡単に考えてるそこのあなた、いざ自分がデータを失った時にどれだけ焦るかわかってませんね。

一言でデータといってもそれは写真であったり音声であったり、貴重な動画であったりExcelやWordなどのドキュメントであったりと、いずれにしろ全て大切なデータには違いない。

そんなデータを失った時にあなたは平気でいられますか?

KUNJI

平気でいられるわけないよ、写真や動画はその瞬間でしか手に入れることのできない貴重なデータだからね

もし消失してしまったデータを復元できるといったらご興味ありますか?

お待たせしました!

それが今回ご紹介するデータ復元ソフト【EaseUS Data Recovery Wizard】です。

デジタル化のメリットとデメリット

色々なものをデジタル化するにあたって必ずメリットとデメリットがあることをちゃんと認識しておかなければならない。

ではそれぞれについて再確認してみましょう。

デジタル化のメリット

メリットとは要するに自他ともに特になること、ではデジタル化についてのメリットは一体何があるでしょう。

デジタル化のメリット
  • ペーパーレスにできる
  • 資源を無駄遣いしない
  • 地球環境にも良い
  • 情報を素早く探すことができる

上記以外にもデジタル化することによってメリットはまだまだたくさんあります。

メリットがあるからこそ人はそこへ足を踏み入れるのでしょうね。

しかし新しいことに足を踏み入れるときにメリットばかりという訳にはいきません。

当然、デメリットも多く存在します。

デジタル化のデメリット

デジタル化の良い点はアナログのときのように、1回1回が一発勝負ではないところですね。

ミィ

一発勝負ってどういうこと?

写真撮影に例えて説明すると、アナログの時はシャッターを切った瞬間フィルムに画像(データ)が1回1回転写されます、やり直しは効きませんしその都度確認もできませんね。

デジタルならシャッターを切った都度画面で確認でき、また失敗なら消去し撮り直すこともできます。

上記の文章だとデジタルのメリットのように思えますね。

しかし逆に考えてみてください、アナログなら写真というデータはその瞬間にフィルムという媒体に転写され現像すれば写真紙に永遠に残り続けます。

これがデジタルの場合、SDカードやハードディスクなどに保存して一見安全に見えますが、油断しているとうっかり消去してしまったなどの誤操作で大切なデータを失ってしまいます。

デジタル化はとても便利で、これからの未来に情報を扱うため今以上に絶対的な手段になるのは確実です。

だからこそデータを紛失してしまった時の対処法もしっかりと対策しておかなければいけないのです。

次は実際にデータを紛失した場合の対処法の説明になります、読み進めてみて下さい。

データを紛失したとき復元は自分で?それとも業者に依頼?

実際に大切なデータを紛失したときにそのデータの復元はあなたならどうしますか?

  • 専門業者に依頼する
  • 自分でやってみる

データを復元する方法は大きく分けてこの2つの方法があります。

なぜこの2つの方法なのか、それはデータの紛失の状況の違いに関係しているのです。

ミィ

データの紛失の状況って?

KUNJI

データ紛失の状況は以下の2つがあるんだよね!

データの紛失要因
  • 物理的な損壊による紛失
  • 論理的原因による紛失

1の物理的な損壊による紛失とはハードディスクやデバイス、保存メモリなどが要するに破損、壊れてしまったという状況。

この場合は自己による復元はよほど精通している人でない限りは不可能に近く、無理に取り組めば二度とデータが戻らないということにもなりかねません。

専門の業者に依頼するのが妥当でしょう。

2の論理的原因による紛失とはいわゆる「うっかり消去」「誤って消去」といった誤操作によるデータの消去による紛失のことです。

論理的原因によるデータの紛失ならば復元ソフトを使って自分で復元することも十分可能です。

復元ソフトは厳選したものを『EaseUS Data Recovery Wizard』なら完璧

ここまでで復元可能な状況、復元不可能な状況をご理解いただけたでしょう。

しかしその復元もしっかりとした信頼できる復元ソフトを使用しなければ大切なデータを復元することはできません。

ご紹介しているEaseUS Data Recovery Wizardは復旧率も97%と高く、操作も簡単というとても良質なソフトです。

おすすめ-最強の復元ソフト

ボクも実際に使用してみて簡単操作で驚くべき復旧率だったのでビックリしました。

しかもあまり大きくないデータの復元ならばとりあえず無料でソフトが使えるという利用者にはありがたいサービスがあります。

ミィ

至れり尽くせりなソフトね!

KUNJI

むやみやたらに製品版をゴリゴリ押してないところも良心的だよね

ExcelとWordの自動保存ファイルはどこ?『EaseUS Data Recovery Wizard』なら探せます

現在会社に勤め事務処理をするうえで必要不可欠なソフトはかのMicrosoft社製のオフィス

  • Microsoft Excel
  •  Microsoft Word

上記の2つのソフトを利用している方がほとんどではないでしょうか?

ボク自身も使わない日はないといっても過言ではないくらいの使用頻度です。

そんな世界中で使用されているExcel・Wordですがついつい文書作成に熱中しすぎて、保存するのを忘れがちな方も少なくないのではないでしょうか。

KUNJI

その通り、ホントついうっかり忘れちゃうんだよね

そんな『つい、うっかり』をカバーしてくれる機能がExcelとWordにはあるんです。

それが自動保存という便利機能です。

ミィ

この機能は本当にありがたいわね、何度助けられたか

KUNJI

はい、ここでクエスチョン

Excel・Wordの自動保存ファイルの場所を知ってる?

ミィ

じ、自動保存ファイルの場所?!

これ、意外と知らない人多いんですよ!

今回は勿体ぶらずにお教えします、下記が各保存場所です。

エクセルの自動保存場所

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Excel

Wordの自動保存場所

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Word\

自動保存されたファイルはほぼ確実にこの場所に格納されているので安心してください。

と言いたいところなのですが、デジタル化も完璧ではない&設定の変更などで保存場所を変えて忘れてしまった等の要因で自動保存されたデータが見つからない。

そんな時もEaseUS Data Recovery Wizardなら・・

探せます!

あなたが見つけたいそのファイルをEaseUS Data Recovery Wizardが確実に見つけてくれます。

下記の関連記事に詳しい情報がありますので参考にして下さい。

大切なファイルをゴミ箱に、更に削除してしまった時にも『EaseUS Data Recovery Wizard』なら復元できる

ゴミ箱

あれ?!デスクトップにあったはずのあのファイルがない?!

今までにあなたもこんな状況を一度くらいは経験した事があるのではないでしょうか?

そんな時もEaseUS Data Recovery Wizardが大切なデータの復元のお手伝いをしてくれます。

ついうっかりゴミ箱に捨ててしまったデータ、それに気づかずゴミ箱をクリアしてしまった。

そんな『ついうっかり』にもEaseUS Data Recovery Wizardがしっかり対応してくれます。

まとめ

デジタル化社会、こんにち我々を取り巻く世の中全体がデジタル化されつつあります。

アナログじゃなきゃいけないことも多くあります、全てにおいてデジタルが良いというわけではありません。

しかし確実にデジタル化が進んでいることは否めません。

情報やデータがデジタルになるとそれに伴い誤操作などのミスにより大切なデータを失ってしまう状況にも多々遭遇するでしょう。

そんなデータの紛失時に正確な対処法、的確な復元ソフトを確保しておくことは自身の情報を守ることにもなります。

EaseUS Data Recovery Wizardは誰にでも使いこなせる簡単な操作にも関わらず、高い復元率で大切なデータを復元してくれます。

この機会にイーザスソフトウェア社の復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを使ってみてはいかがでしょうか。

KUNJI

後悔のないようにKUNJIからオススメします

また公式ホームページではそのほか動画作成ソフトなど便利なソフトの紹介もあるようです。