【神レンズ】コスパ抜群Canonオススメ単焦点レンズ2選

iPhone11proMaxをマグセーフにできる2個のアイテムとプラスワンを紹介

本日は愛すべきiPhoneのお話です。

iPhone12から搭載されたマグセーフ、ハッキリ言って羨ましすぎる。

マグセーフとは

Appleが開発した「マグネットを使用したワイヤレス充電システム」のことで、iPhone 12シリーズから導入された。但しiPhoneSE第三世代は非対応です。

ボクのiPhoneは11proMaxなので残念ながらマグセーフは搭載されていない。

が、しかしそこで諦めるほど聞き分けがいい方ではないんだな。

だったらどうする?

結論から言います。

とりあえずワイヤレス充電に対応しているiPhoneならマグセーフ対応にできる(iPhone7~11まで)。

厳密にはマグセーフ対応みたいにする。

ミィ

えっ?!そんな事できるの?

KUNJI

出来るんだな、これが

ではではその方法を一つずつ順を追ってご紹介しますね。

マグセーフ化に必要なアイテムはたった2つ

マグセーフの条件は簡単【充電器がiPhoneにくっ付いて充電できる】ですよね。

iPhone12以降の機種(iPhoneSE第三世代は除く)は背面に磁石が内蔵されていて、対応する充電器が磁石によりくっ付くようになっている。

しかしそれ以前の物はくっ付く充電器があっても、iPhone自体にその機能が無いためマグセーフにはなり得ません。

ミィ

じゃあダメじゃん

KUNJI

イヤイヤ、諦めるのはまだ早いよ

そう、諦めなくてもいいんです。本日はそんなアイテムを数点ご紹介します。

磁石が内蔵、より強力に吸着するiPhoneケースが優れもの

『やっぱマグセーフはイイよなぁー』って少し諦め気味でガッカリしていた。

何故ならボク自身iPhoneユーザーではあるものの、未だiPhone11proMaxを使用しています。

auの変え得プログラムで購入したものの、新機種に変えることなく使用しております。

そんなボクの目に飛び込んできたのがコチラ。

どうですか、かなり画期的な商品でしょう。

磁石が無いなら付けてしまえーって(笑)。

こちらが今回ご紹介するiPhoneケースです。

白い部分が磁石になっていて充電器などがくっ付きます。

画面を下向きに机の上とかに置いたときは、スマホケースの方が微妙に高いので画面が擦れることはありません。

また背面の四つ角にレンズ保護の為の仕様もありレンズが傷つかないように考えてあるなど、言うことなしな商品です。

磁石でくっ付き充電するモバイルバッテリー

スマホと言えばバッテリー残量が気になるところ。自宅でコンセントから充電とか車での車載充電器があれば問題はありません。

しかし出先での充電はやはりモバイルバッテリーが必須ですよね。

そんなモバイルバッテリーなのですが充電するにはケーブルが必要、ワイヤレス充電機能搭載のものでも置いて充電または手でギュッと握って充電器とスマホを保持するのはひと苦労。

そんな悩みを解決できるのがこの商品です。

商品仕様
  • iPhone12・13シリーズのマグセーフに対応
  • マグセーフ仕様のiPhoneケースに対応
  • Qi対応のスマホへワイヤレス充電ができる
  • 94‪‪✕‬66‪‪✕‬13mmの超小型
  • 重量はたったの115g
  • iPhoneに充電しながら同時にケーブルによりモバイルバッテリーにも充電できる
  • 充電方法はMagsafe・ワイヤレス充電・TypeCによる充電が可能

とにかく小型で軽量、充電しながらiPhoneを持っていても苦にならないくらいの115gです。

下は充電中の映像で、白いランプが4つ点灯すれば満充電の状態になります。

また真ん中のボタンは充電開始のスイッチです(映像には残念ながら写っていませんが、iPhoneへ充電中は白いランプの横に緑のランプが点灯します)

iPhone11proMaxへ装着するとこんな感じになります。(画像はiPhoneへ充電しつつ、モバイルバッテリーも充電されている状態です)

⚠️注意

サイトなどの商品仕様には充電しながらiPhoneを使用しても加熱はない。こう記述されていますが、実際使用した感じでは多少の加熱はありました。

【プラスワンアイテム】磁石でくっ付き更に回転し位置を変えることができるスマホリング

スマホリング

スマホを手に持つ時、下記の2種類の考え方に分かれます。

『スマホのみでいいよ』という人と『スマホリングが必要』という人の2種類に分かれます。

  • スマホを握るだけでいいよ
  • スマホリングが絶対に必要

前者はストレートにiPhone単体でも特に気にはならない方やブックタイプのiPhoneケースを使用されておられる方でしょう。

後者はズバリ落下防止のスマホリングがなければ不安という方、ボクもその中の一人です。

今回の商品を購入するまではiRing Linkという商品を使用していました。

そしてコチラが今回購入した商品です。

表面はマットなブラック、裏面はiPhoneケースにしっかりと吸い付く磁石。

iPhoneケースに装着したらこんな感じです。

上の写真を見て頂ければ分かるように、リングの位置も回して変えることもできます。回すとは言いましたがスマホリングがiPhoneケースの磁石の上を滑って回転しています。

通常使用の状態でスマホリングが脱落することはほとんど無いでしょう。(故意に大きく振り回したりしない限りは大丈夫です)

まとめ

今回この3点の商品を購入したことで、ボクのiPhone生活はかなり快適なものになりました。

何でもそうですが対応していないからと諦めてしまったらそこで終わりです。

そう!スラムダンクの安西先生の名言

『諦めたらそこで試合終了ですよ』

自分の生活を快適にするには、自分自身が考え行動しなければ何も変化しません。

しつこい様ですがこの3つのアイテム、はっきり言って最高です。

超絶オススメな商品です。

ボクと同じ環境の方々はぜひぜひお試しあれ。