【アイキャッチ作成】CanvaとAviaryを使ってスマホで簡単アイキャッチ作り!

【EOS60D】一眼レフの強い味方はこの単焦点だ!Art SIGMA30mm F1.4で撮りまくろう

こんにちは(*´꒳`*)✨雑記(気)ブロガーの

KUNJI(@kunji4338)です。

今回はボクの趣味であります、一眼レフカメラについての記事です。

Canonの一眼レフカメラEOS60D はとても使いやすい中級機だ!

写真を撮ると言っても被写体を何にするかでカメラも使うレンズもかなり変わってきます。

ボクは前記事でも書きましたが、一応人物を撮るのが好きですね、やはり人間って躍動感がハンパないじゃないですか(*´∇`*)ソコガイイ

特に子供がいいですよ。大人と違って必要以上に動く動く!だからうまく撮らないとブレまくりです💦その分、良いショットが撮れると満足感で満たされます。

 

ボクの愛機はコレです!

Canon  EOS60D

ブランド: キヤノン
分類: 一眼レフ
センサーサイズ: APS‑C
撮像素子: CMOS
解像度: 1,800万画素
特徴: ボディのみ
視界に映るすペてを、もっと精級に描くために。EOS 60Dは有効画素数約1800万画素の大型CMOSセンサーを搭載。一眼レフカメラならではの美しいポケ味、被写体のディテール、光の徴妙なニュアンスまでも忠実に描写します。さらに高感度での高画質化を達成しました。高感度でも、低ノイズで美しい写真に。EOS 60Dは常用ISO感度100-6400を実現。室内やタ暮れ時などの暗いシーンでも、高感度設定でシャツター速度を速くできるため、手持ち撮影での手ブ レや被写体プレを軽減。

上記の様なスペックの機種です。

そんな高級でスゴいカメラではないですが、それなりに撮れますよ♪( ´▽`)ナカナカイイ

上級者用はチョット大袈裟過ぎとか初心者用では物足りないって方にはこのくらいが最適だと思います。

まぁ強いて言えばWi-Fi転送の機能が付いてないことくらいかな、その事については後から説明しますね。

お値段は中古で6万弱くらいですね。

関連記事

初心者モデル廉価版の一眼レフカメラ Canon EOS KISS X50で華麗に一眼デビュー!

Art Sigma30mm F1.4 DC HSMはとても洗練された単焦点レンズだ!

特に撮影に遠くの被写体を撮るなど必要がない場合は望遠レンズじゃなくて単焦点レンズを使ってますね。

 

愛用している単焦点レンズはこれ!

『 Sigma 30mm F1.4 DC HSM art 』

APS-Cサイズのセンサーで標準相当となる、シグマArtラインの新作レンズ。絞り値で画が変わる、わりとクラシカルな描写が面白かった旧モデルに比べて、新型である本レンズの描写はどうなるのか楽しみでした。結論から端的にまとめると、基本的にはキープコンセプトで、被写界深度をコントロールするだけでない、絞りのチョイスの楽しみがあり、開放時のシャープさなど根源的な性能アップが感じられました。少し前に比べると、フルサイズのセンサーを搭載したカメラが増えて、選択の自由度もかなり拡がりました。そんな中、APS-Cサイズ専用レンズで新作が出ることはありがたいですよね。本当に色々なレンズがある中、開放F値というのは、F1.4ならF1.4、F2ならF2という、それぞれの確固たる世界があります。そのF値でこそ撮れる画があるわけですよね。ズームレンズだとどうしてもF値は2.8あたりから。少し違う雰囲気の画が撮りたい、ズームレンズとちょっと違う世界を覗きたい。そんなときの1本におすすめできるレンズではないかと思います。

このレンズ、マジでスゴいですよ∑(゚Д゚)ド-ン

F値が1.4という明るいレンズで少しくらい暗い場所でもしっかり撮れます!

撮った画像はパキーンって感じですよ!

オススメのレンズです(*´∇`*)ノ✨キラ-ン

これの旧型があるので間違えないように、この商品からArtレンズになってます。レンズにAのマークがあるのですぐにわかると思います。

単焦点レンズは望遠の様にズームはできないから自分の足で動いて調節しなきゃいけないですけど、その分とても良い写真が残せます!

ボクは単焦点レンズの魅力にハマってしまってますので望遠レンズの画像はう〜んって感じです。

好き好きですけどね(*´꒳`*)スキ!

お値段は中古で3万5千円くらいですね。

created by Rinker
シグマ
¥35,187 (2018/11/13 11:37:29時点 Amazon調べ-詳細)

搭載されていない機能「Wi-Fi転送」を補うのはTOSHIBAの【Flash Air】で決まり!

カメラのとこで少しさわったWi-Fi転送なんですけど、最近の一眼レフやコンデジにはほぼ標準搭載されている機能です。

撮影してスマホやタブレットに転送してすぐにSNSなどにシェアできるって言う優れものです。

しかしボクのEOS60Dにはその機能がありません、1つ後継のEOS70Dからは付いてるのですが残念ながら少し古いからσ(^_^;)ポリポリ

そこで活躍するのがこれ!

TOSHIBAの【Flash Air】

 

見た目は8GBのただのSDカードですが、このSDカードはWi-Fi転送で写真をスマホやタブレットに送ってくれます。

賢いカードでしょう(*´∇`*)エッヘン

アプリはこちら

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥4,800 (2018/11/14 05:39:25時点 Amazon調べ-詳細)
MEMO
以前にeye-fiってカード使ってたんですが、発売している会社が無くなってアプリが使えなくなり、残念なことにただのSDカードになってしまいました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

まぁPCへ保存するときは普通のSDカードと同じ様にPCへ差して使うんですけどね(笑)

まとめ

今はコンデジもかなり高性能になり、手軽に持って歩けるし、そっちの方がいいって方もたくさんおられますが、一眼レフには一眼レフの良いところがあります。

良し悪しは使ってみないと分かりません、是非一度一眼レフカメラを使ってみてください。

本日もここまで読んでいただきありがとうございました、これからも当ブログを宜しくお願い致します(*´∇`*)ヨロシク〜

error: Content is protected !!