アレクサの記事はコチラから!

スマホカメラじゃなくデジタルカメラでの撮影をオススメする2つのポイント!

こんにちは(*´꒳`*)✨雑(気)記ブロガーの
KUNJI(@kunji4338)です。

カメラについて何記事か書いています、ボクの趣味は一眼レフでの撮影です!

自称:アマチュアカメラマンです‪𐤔𐤔‬ꉂ(ˊᗜˋ*)

老若男女の皆様、写真撮ってますか

カシャッ! Σp[【君】]ω・´)

さて、ここで質問です!

KUNJI

あなたは何のカメラで撮影してる?

前々から気にはなっていたんですけどね、思い切ってTwitterで皆様にアンケートに答えて頂きました!

ミィ

ご協力感謝致しま〜す!

ではではそれも含めてお話しますね!

きっと今回の記事内容は賛否両論あります、あなたはどちら推しですか?

たまにはこんな事を考えるのもいいですよ‪𐤔𐤔‬

何のために写真を撮るの?

はーい🙋‍♂️

ここで単純かつ「えっ?!」みたいな質問です

KUNJI

なぜ写真を撮るの?
  • 人に伝えたい(シェア)
  • とりあえず撮ってしまう
  • 記録・記念として残したい(子供とか)

写真を撮る理由はこんなもんでしょう!

「撮る→シェアする」

この行為がスマホで撮影する事を加速させている理由ですね!

関連記事

【EOS60D】一眼レフの強い味方はこの単焦点だ!Art SIGMA30mm F1.4で撮りまくろう

撮るなら断然「カメラ」で撮るべき、その理由とは!

さて、先日ツイッターで皆様にご協力頂きアンケートを実施しました、その結果を発表しましょう!

  1. スマホ・タブレット
  2. 一眼レフ・ミラーレスカメラ
  3. コンパクトデジカメ
  4. 使い捨てカメラ・チェキなど

 

圧倒的に【スマホ・タブレット】が多いです、実はこの結果は予想通りでした

ボクの趣味が一眼レフカメラなので【一眼レフ・ミラーレスカメラ】であって欲しいとは思っていたのですけどね
えー、上記の結果を踏まえてボクのオススメしたい事、またその理由があります!

アンケートの結果では写真を撮るために使うのは圧倒的に【スマホ】という方が多かったですね

KUNJI

何で、スマホで写真撮るの?

こう聞かれると多くの方が下のように聞き返すでしょう

ミィ

十分便利だよ、なぜスマホじゃダメなの?

ハッキリ言います

 

「ダメじゃないです!」

 

MEMO
ココで言うカメラとは「一眼レフカメラ」「ミラーレス一眼」「コンパクトデジカメ」などのどこから見ても誰が見ても「これはカメラだよね」と呼ぶヤツ!

スマホカメラで撮影する時と普通のカメラで撮影する時の違い①

一つ目のポイントはみんな気付いているか気付いていないかというレベルですが、非常に重要な事があるんですよ

それは 撮影枚数 です!

iPhoneやAndroidのスマートフォンが驚くべきスピードで普及し、またカメラの機能は驚愕の進化を遂げ、今やそれ専門の機械である一眼レフカメラやデジタルカメラを凌ぐ勢いです。

【街を歩いている時】【観光地を歩いている時】【子供の運動会へ行った時】などイベントや観光の目的がある時にはスマートフォン片手に写真を撮ったり動画を撮ったりします

ボク自身は一眼レフが趣味なのでほとんどの場合カメラを持って出るのですが、どうしても荷物を持っていけない時などにはiPhoneでの撮影になるときもあります

多くの人がスマートフォンで撮影する多くの理由がこんな感じかな

  • 時代の流れ上仕方ない
  • 撮るための媒体の持ち運びの手軽さ
  • すぐにシェア(共有)できる
  • すぐに人に見せることができる

ミィ

だってカメラ邪魔になるし重いしねぇ~

そうですよね、特に女性の方は重い一眼レフカメラを首にぶら下げて運動会で我が子を探しアチコチ走り回るのはとても大変ですからね

それに比べるとスマートフォンは普段から常にポケットやバッグに入っているし、サッと出してすぐに撮影できるし便利ですよね

ここまで見てみると「スマホで全然いいんじゃね」って思っちゃうかな

待って待って、問題はこれからだから!

KUNJI

先日あるイベントの撮影をお願いされたので愛用している下記の機材を持って撮影に臨みました

  • CANON EOS 60D
  • SIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM APS-C専用
  • SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

小さなコンサート、コンサートと言っても公園内にある図書館兼くつろぎの場で少人数でのバイオリンとピアノによるものでした

撮影している時はこの記事の話など頭になかったのですが、撮影した写真を主催の方に渡すため一眼レフカメラからiphoneに転送している時にふと思ったんです

たった1時間くらいのコンサートで写真の枚数は100枚を超えていました

「枚数多い!」

そうなんです、この枚数はスマホじゃ絶対無理だな

そうじゃないですか?

そりゃあスマホでもパシャパシャ撮りますよね

でもね・・・ 100枚超  だよ

この枚数はさすがにスマートフォンじゃ・・・撮らないよね💧

数が多いから良いというもんじゃないですが、逆に考えると数が多ければその中からベストなものを選ぶ、選択肢が多くなります

例えば1シーン1枚としましょう、もしその写真がピンボケだったり被写体である子供がまばたきの最中で目を閉じていたらどうしますか?

その瞬間はその時しかないんです!

撮り直しはできませんからね

それを考えるとやはり枚数は必要です、結果的にできることなら写真はちゃんとしたカメラで撮ることをオススメします!

スマホカメラで撮影する時とデジタルカメラで撮影する時の違い②

2つ目のポイントは写真という存在には絶対に欠かせない要素であり、この精度が上がれば上がるほど写真は良くなる

そうです、 画質 ですね!

先にも言いましたが、今やスマホカメラも超高画質!

約28%くらいの方がカメラ性能をスマホを選ぶ条件にもしているくらいです

少し前までは2メガピクセル(2万画素)あれば「すげー」とか言っていたのに、今や12メガピクセル(12万画素)くらいの性能になっています、本当に驚くばかりです

巷でよく聞くのはこの▲▲万画素ですよね、しかしこの画素の数値が高いからと言って手放しでは喜べません

画素数高すぎて画質が荒くなってるわ💦なんてこともあり得るんです

カメラの画質が良くなるには他にも色々な要素が必要です、あの小さなスマホカメラにそれを全て要求するのはちょっと無理ですね

ミィ

えッ?でもスマホの画面で見たら超キレイなんだけど!

その理由はスマートフォンのディスプレイに秘密があります

こう言ったらある程度納得してくれますよね、だってスマートフォンのディスプレイって下の画像のスペックです(今回はボクの持っているiphone8plusのスペック)

4Kテレビとまではいきませんが、あの小さなデバイスによくあれだけ綺麗な映像を映し出せるものだといつも感心します

これがどういうことかと言うとディスプレイのスペックが高いからデジタルとして映し出す分には支障はないが、プリントしてアルバムにするといった時には明らかに【色が足らない】と感じます(経験済み)

まとめ

上記2点のことを踏まえて考えてみましょう!

例えが少し違うかも知れませんが「餅は餅屋」ということです

スマホのカメラが悪いとかダメだと言うことではないんです、ただ写真はちゃんとしたカメラで撮った方がいいよっていうオススメです!

餅は餅屋とは、何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番良いということのたとえ。 また、上手とは言え素人では専門家にかなわないということのたとえ。

  • スマートフォンは基本的に電話とアプリを使っての色々な作業、そして通信に特化した道具
  • 一眼レフやコンデジなどのカメラは写真を撮る(光を記録する)ための道具

やはりちゃんと残したいならそれ専門の道具を使うのがベストだという事です!

注意
これは小耳にはさんだ話なのですが、近頃の「とりあえずスマホで撮影する」という行為はその人の記憶にも関わる事らしいのです。どういう事かと言うと、例えばある人が観光地に旅行に行ったとします、昔なら綺麗な場所や訪れた観光地を自分の脳裏に焼き付けて後の未来に「あの時は良かったね」とか「あそこは綺麗だったね」などと懐かしむこともできるんですが、それをスマホのパシャで済ませると脳が「写真撮ったからいいや」とサボってしまい結果記憶に残らないとなるようです。これは極論ですがスマホのパシャの乱用にもお気を付けを!

ここまで読んで頂きありがとうございます

にほんブログ村 ブログブログへ にほんブログ村 人気ブログランキング