【空気伝導イヤホン】着けているのを忘れてしまうほどの装着感とクリアな音が最高のワイヤレスイヤホン

4 min 31 views

2024年の最初の記事として皆様にお送りします。

とても素晴らしい商品のレビュー記事ですので、一語一句読み漏らしのないようにして下さいね。

またiPhoneユーザーの方にはオマケでオート着信の設定方法をお教えしますので、乞うご期待。

それではどうぞ〜( ´ ▽ ` )ノ

現在のスマートフォンは【電話】という元来の機能を忘れてしまうほど、高性能なポケットPCに成りつつありますよね。

KUNJI

KUNJI

【成りつつある】というか、もう既になってるよね‎‪𐤔𐤔‬

スマホを使用していて電話の着信が【不便・わずらわしい】と感じる、そんな人は少なくないのではないでしょうか。

そんな方に今回のアイテムを是非ぜひ試していただきたくレビューします。

せっかちさんには飛ばし読み用リンクを貼っておきますね。

こちらから······▸【商品紹介】

電話着信からの通話という工程が意外にわずらわしい

電話が鳴る→ポケットやカバンから出す→通話ボタンを押す。

上記が着信までに掛かる工程です。

この工程がスムーズに運べば問題ありませんが、いつもスマホが出しやすい状況とか出しやすい場所なら問題ありません。

しかし老若男女、普段生活する上で様々な状況に身を置いているのは想像しただけでも明白。

「いつでも電話とれるよ」って言いつつも・・・

みーさん

みーさん

そういう時に限ってポケットからスマホが出ないとか、カバンのどこで鳴っているんだろ?って焦ってしまうことが多々あるよね

KUNJI

KUNJI

そうそう、焦れば焦るほど出てこない・見つからないってなってしまうんだよ。

着信音は鳴り続けるし恥ずかしさ1000%という状況になった人は多いでしょう。

結論から言います、ワイヤレスイヤホンを使う

これでほとんどの人が着信時にスマホを探すという作業から解放されます。

ワイヤレスイヤホンの種類も用途によって使い分けよう

さて、ひと言でBluetoothワイヤレスイヤホンと言ってもその種類は様々である。

何が様々なのか?

それは用途やその時の都合で変わってくる。

Bluetoothワイヤレスイヤホンの用途
  • 音楽鑑賞
  • 動画観賞
  • 音声通話
  • ゲーム

おおよそ上記の目的で使用するのがほとんどではないでしょうか。

ワイヤレスイヤホンの使用目的により様々なタイプのイヤホンを使い分けるのも良いだろう。

例えば音楽に没入したい場合にはBluetoothで接続できるヘッドホン型が最適でしょう。

ただし私生活で常時ヘッドホンを装着して歩くのは、不可能と言えるだろう。

では何を使えばイイのか?

KUNJI

KUNJI

それはカナル型やイヤーカフ型のワイヤレスイヤホンを使えばいいんだよ

ボク自身もワイヤレスイヤホンはヘッドホン型からイヤーカフ型、完全ワイヤレスイヤホンなどなど10個以上持っています。

Bluetoothイヤホンの種類
  1. 完全ワイヤレスイヤホン
  2. ネックバンド型
  3. 左右一体型
  4. 骨伝導型
  5. 空気伝導型
みーさん

みーさん

なんでそんなにいっぱい持っているの?使うのは一人なんだから1こあれば十分でしょう。

そう、実際1個あれば十分なんです。

ではなぜこんなにも増えたのか?

結論から言えば彷徨いました、用途・装着感・聞こえ方・接続などコレかコレかと試していたら・・・

いつの間にか増えていったんです。

少し脱線しましたが、本線に戻りワイヤレスイヤホンの種類を簡単にご説明します。

① 完全ワイヤレスイヤホン

イヤホンの間にケーブルがなく、左右が完全に独立したタイプです。

カナル型・インナーイヤー型・オープンイヤー型などの種類があります。

多くの人がこのタイプを使っています。

② ネックバンドタイプ

イヤホンの間にネックバンドがあり、首の後ろに掛けておくと脱落防止になる。

装着感は少し窮屈に感じる時がある。

ネックバンド型は価格がピンキリで安いものは数百円で購入できるものもある。

ただし、あまり安価なものは音質などの保証ができませんね。

③ 左右一体型

左右のイヤホンがケーブルで繋がっているタイプ。

ネックバンド型と似ているが、ネックバンドの様な圧迫感はなくケーブルのみなので圧迫される感じはない。

④ 骨伝導型

耳の周囲に装着し骨を振動させることで音を伝える骨伝導の技術を採用したイヤホン。

耳を塞がず、周囲の音が聞こえやすい。

ファッション性にも優れていてイヤホンをイメージさせず、まるでアクセサリーをしているかのようです。

骨伝導型で代表的なイヤーカフタイプは、長時間使用すると耳を挟んでいるため痛みがある時もあった。

みーさん

みーさん

まぁ、メリットがあればデメリットも大なり小なりあるでしょ

⑤ 空気伝導型

耳の近くの空気を振動させることにより音を伝えるイヤホンで、骨伝導型と同じく耳を塞がず周囲の音が聞こえやすい。

骨伝導に非常によく似ているが、より勝るところは骨を振動させるというワンクッションがなく、耳腔付近に装着したスピーカーから直接鼓膜に音を送れる。

そのため音を限りなく原音に近く伝えることができるという特徴がある。

あえてデメリットをあげるとすれば、ボリュームをあげた時、骨伝導型と同じように多少の音漏れがあるくらいである。

超柔軟液体シリコーン採用のワイヤレスイヤホンVoxSoulは着けているのを忘れるくらいの装着感

今回ご紹介するのは上記⑤に記した空気伝導型ワイヤレスイヤホンです。

充電用ケースの外観は正方形の角を面取りしたような形で、裏表に凸凹の筋が入っています。

縦・横ともに約7cm

ケースに2個ともイヤホンを戻した時の重さは63g

イヤホン1個の重さは11g

イヤホンとしては軽くて仕方がないという訳ではありません。

みーさん

みーさん

軽くないならなぜ着けているのを忘れるくらい快適なの?

それはこの後ご紹介する仕様がそう感じさせるのです。

長細い方がバッテリーで反対側がスピーカーです。

みーさん

みーさん

何だか見た目は重そうなところが2個もあって、装着感悪そうに感じるんだけど

KUNJI

KUNJI

まぁまぁ次の動画を見てもらえば分かるよ

バッテリーとスピーカーを繋いでいる部分が通常のイヤホンのように、プラスチック製ではなく【超柔軟液体シリコーン】という素材でできています。

動画を観て頂ければお分かりのように、かなり柔らかく装着時に耳を締めつける感じもありません。

KUNJI

KUNJI

本当に耳に乗せているだけだから、着けてる間に着けてることさえ忘れてしまう

インナーイヤータイプのように耳腔にスピーカー部を突っ込むわけではないので、耳が塞がれず外音がとても聴こえやすい。

だからと言ってイヤホンからの音もしっかりと聴こえる、一粒で二倍おいしいという感じですね。

また耳掛け式をたくさん使用してきましたが、どうしても個々に耳の形が違います。

ボクのように朝から晩までと言った長時間の使用で、耳自体に痛みが出てくる方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方に特にオススメします。

KUNJI

KUNJI

と言うか、絶対に使ってもらいたくてレビューしました

新年を迎えた今、新しい気持ちと新しいワイヤレスイヤホンで気持ちの良いスタートを切りましょう。

iPhoneユーザー様限定、オート着信設定

iPhoneオート着信設定手順
  1. アクセシビリティ
  2. タッチ
  3. 通話オーディオルーティング
  4. Bluetoothヘッドセット
  5. 自動で電話に出るをオン
  6. ➕➖で受話までの時間をセット(最低3秒)
KUNJI

KUNJI

当ブログでは生活を便利にするサービスやアイテムの紹介をしていきます。ここの主であるボクはKUNJI(くんじ)と申します。とにかく色々な事に興味があり、疑問に思ったことはすぐに解決したい性格です。皆様の心くすぐる記事を書いていきますので宜しくお願い致します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事